読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんのeveryday

日常の出来事や色々を何となく書いていきたいと思います。。よろしく~

ほし×こえ

すばるホール」での「朗読会」

プラネタリウムなので、すごく狭い空間で包み込まれる感じだった。

ドーム型のスクリーンに映し出される映像とおっきー様と大原さやかさんの声でそのお話の中に引き込まれていきました。

お話は

高校生の時に恋人だった2人。18年後だったかの同窓会で再会。

はじめはぎこちない感じで話す二人。

そして、ポツリポツリ自分の事を語りはじめる。

彼女は東京で大学に行って、弁護士を目指していたんだけど、なかなか上手くいかず、

好きな人ができて、結婚、娘ができて、離婚して。そして、、離婚後頑張って弁護士にはなったけど昔別れた彼の事がずっと気になってたのかな〜〜同窓会に参加するため故郷に。

彼は故郷で実家の「造り酒屋」をついで頑張ってる。でも、やっぱり昔の彼女の事、気にしてて、同窓会に、参加。

彼は彼女が結婚して、子供がいた事に少しショック受けてたようだったけど、どーなのかな〜〜って思った。

二人は嫌いで別れた訳じゃなかったみたいで。

私がもし、昔の彼にあったら、結婚してて、子供がいてもショック受けるかな〜〜(^◇^;)

彼女が「でも良かった〜〜」って言った時、「彼がいまも独身だったから?」って思ってしまった(^◇^;)

違うよね。たぶん「頑張って、元気に仕事してて変わってなかった」って事だよね。

自分だったら〜〜

すごく好きな人が別れても、独身だったら嬉しいかも(^◇^;)勝手だわ

アイドルが結婚したらイヤってのに似てるかな

話しが脱線してるよ(*_*)

 

結局、二人は星空を一緒に見上げておわり。なんだけど、ここでドラマなら再会した二人は一緒になるとこまで行くのかな〜〜(*_*)

それとも、いい思い出で終わって、何年後かの同窓会で再会して、彼が造ったお酒を酌み交わしながら話してまた星空を見上げるのかな〜〜

何か〜〜

声優さんってすごい。

だだ、座って台本読んでるだけなのに、大原さんはシングルマザーの女性に、おっきー様は造り酒屋の男性になってた。

「朗読会」ってはじめてだったんだけど、いいな〜〜また参加したいなって思った。

自分の昔、学生の頃も思いおこせたしね。まあ、こんなにドラマチックな事はないんだけど(^◇^;)

 

f:id:hk510017511166:20161121161130j:image

「ずばるホールの中、壁画?」