読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こんのeveryday

日常の出来事や色々を何となく書いていきたいと思います。。よろしく~

上映会( ´ ▽ ` )ノ

昨日は私が大好きな声優

おっきー様が以前からゲストで出演していた劇団「ヘロヘロQカンパニー」

2月に東京で公演した「無限の住人

今回DVDになるので先行上映会

大阪でもやってくれる!そしておっきー様も来て、トークショーをやってくださる( ´ ▽ ` )ノ

行かなければ〜〜🎵

って事で行ってきました。

いつもは映画って言えば、天王寺か難波なんだけど、梅田まで(^◇^;)

久しぶりだわ

f:id:hk510017511166:20160613164019j:image

TOHOシネマズ梅田

f:id:hk510017511166:20160613160218j:image

入り口でポストカードもらいました( ´ ▽ ` )ノ

f:id:hk510017511166:20160613160257j:image

おっきー様かっこよいです〜〜( ´ ▽ ` )ノ

お話はアフタヌーンという雑誌に連載されていた漫画で単行本は30巻でてる。

沙村広明さんが作者

その半分を舞台化したもの

両親を逸刀流に殺された浅野凛という少女が「百人斬り」の異名を持ち虫が寄生して不死身の肉体の万次を用心棒に雇って逸刀流、統主「天津影久」に復讐する物語。

DVDは一章と二章に分かれてて、

おっきー様は一章は全然出てなくて(*_*)

人が殺されたり苦しんだり、生首とか腕が取れたりで(*_*)

私、あんまりこういう物語すきじゃないんだけど(*_*)

二章に入ってやっと出てこられたおっきー様は「心形唐流剣士 虎杖(こづえ)」役

お待ちかねだったんたけど(^◇^;)

あんまり出てなかった。

でも刀持っての立ち回りもあって、頑張って練習されたんだろうな〜って思った。

今回、すごく思ったのが、人が簡単に殺されたり、自分で死んだりすること。

後、劇団の人たち剣の扱いがめちゃ上手ですごい練習されたんだろうなーって感心した。刀だけじゃなくて何かグルグル回す武器とか形がいびつな斧みたいなのとか色々でみんなの息があってないと怪我する。(*_*)

立ち回りはすごい迫力あって、本当の舞台みたらもっとすごかったんじゃないかな〜〜って思った。

お話は後半に続くみたいな感じで終わっちゃったけど、何か心に残った。

来年、映画化もされるみたいで舞台とは違った感じになるのかな〜〜?

「ヘロQ」では再来年に続編をするみたいです。

DVD上映会の後は、トークショーもあって盛りだくさんでとても幸せでした。

なかなか、東京には行けないので本当、今回のイベントは貴重でした。

今回の舞台からおっきー様は劇団員になられたし、「ヘロQ」が大阪でも公演できる劇団になるように応援していきたいと思いました。